献血でフラフラ

生まれてこの方30数年。今まで献血をしたことがありませんでした。特段珍しい話でもないとは思います。あくまでやりたい人、出来るがやるというのが献血です。
少しでも人の役に立てればという思いと興味。献血に行く理由はそれくらいでしょうか。私は興味はあったのですが、元々貧血なので行くのに躊躇していました。
痩せ型で常に血色が悪いので、献血のラインに引っ掛かるだろうとも思っていました。

先日、初めて献血にいく機会がありました。一度くらい経験しておくものだと思い、献血センターに行ったのです。待ち合わせ時間が大幅に変更になったのもありました。
時間を潰さないといけなかったので、それならと行ってみたのです。自動ドアが開いて中に入ると、思っていたよりも多くの人たちがロビーのソファに座っていました。
ああ、献血に行こうという人は結構多いものなんだな、と妙に感心してしまいました。

初めてということで受付で一通り説明を受けたのですが、そこで思いもかけない事実が発覚。献血には体重制限があるということです。知っている人には当たり前でしょう。
でも私は初めてでしたのでまさかそんなことがあると思わず。後で考えれば当然かなと思いましたが・・・。とにかく私は400mlの献血には不適合だったのです。
貧血だと言われるくらいですから当然かもしれませんね。そして200mlか、成分献血を選ぶように言われました。

成分献血とは、血液の中の「血小板」や「血漿」だけを抜き取る献血だそうです。それでもいいかなと思いましたが、時間がかなりかかるということでした。
待ち合わせにもし遅れてしまったら申し訳ないので、200mlでお願いしますと言うと驚く答えが返ってきました。「使われないかもしれませんがいいですか?」
理由を聞くと、今は400mlの献血を使用するのが一般的で、200mlはあまり使われないんだそうです。

お金をドブに捨てる、ではありませんが、血液をムダにする可能性が非常に高いということでした。なんだかなあと思いましたが、初めてなのでそれでお願いすることに。
あまり使われなくて需要がないのであれば、もうやめたらいいのになあと素人ながら思ったり。もしくは200mlでも使えるような仕組みを作ってほしいですよね。
いずれにせよもう献血には行かないと思います。終わったあと、フラフラで歩くに歩けませんでした(泣)

コメントは受け付けていません。