私の家!!!

年に2回、春と夏、実家から父が遊びに来ます。
遊びに来るというよりは、招いているという表現が有難いんですがね。

自分の父で、招いている立場ですが、言ってもいいですか?
そろそろ、うっとおしいです(>_<) イライラするぅ~・・・ 1週間ほど滞在するのですが、だんだんとイライラが募ります。 なぜかというと、いつも感じる感情はひとつ。 父が家に慣れ、だんだんと我が家のようにふるまい始めるからです。 例をあげてみますね。 家の前に仁王立ち、通り過ぎる近所の人に挨拶しまくる。 しかも、ちょっと上から目線。 旦那のダイニング、リビングの居場所にふんぞり返り説教染みた話しをする。 うちの近所、親戚の家族のことをどうこう愚痴る。 私がしている仕事(自宅での文字起こし)について
あれやこれやと文句を言ってくる。
女が家で仕事するなとか、家事が手抜きになるだとか。
自分は離婚して自由に暮らしているくせに、家族関係のことをとやかく言う。
家のエアコンが壊れ修理を依頼したら、私を差し置いて業者に説明し仕切りだす。
私が子どもたちを叱っていると途中から入ってきて持論にすりかえる。
家族4人が寝ている寝室に勝手に入ってくる、そして寝ころぶ、そのまま寝る。
勝手に家の戸締りを仕切る。

もぅ止めてくれ。
ココは私の家、私たちの家、あなたはお客さんです・・・
父と母が離婚して早10年。
男1人暮らしで、年に2度しか遠方の孫とも会えず寂しいのはよく分かる。
でも、残念ながらココはあなたの居場所ではないのです。
ココは私たちの家、私たちの居場所。

私も父と暮らすのは、高校生以来。
短大で1人暮らしを始め、そのまま就職と結婚をしたので、長く父と暮らしていない。
だから、余計にペースやスタイルが違うのかもしれないけど。
1人暮らしをしてきた男は自由で困ると思う自分も捨てきれず。
相変わらずのマイペースとデリカシーのなさで、コレが離婚の原因でもあたのだけど。
近所の父と同年代の男性を見ていると、あの年代が意外とワンマンな様子。
そんな父親でも大事にしている友人を見ると、私はまだまだだなぁ~とも思うんだけど。
やっぱりダメ、もう限界(*_*)

あと2日頑張れば、父は帰ります。
そしたら、穏やかないつも通りの自分たちの暮らしが待っている。
嫁の父が1週間も滞在することを快く受け入れ迎えてくれる主人に感謝しつつ、
家族4人の時間を大切に過ごしていきたいと思います。

父が帰ったら、のんびり夜パックでもしよっと。

ベトナム製の美容パック、珍しいでしょ☆
遅くまでテレビ観賞している父、そのせいで私の自由時間がないのもストレスのひとつ!

コメントは受け付けていません。