自由になりたい

昔は、よく空を飛ぶ鳥をみては友達と「いいなぁ~」なんて言っていました。
空を飛びたいな、自由でいいな、なんて。

だけど今は、鳥をうらやましいなんて思いません。

やつら、優雅に羽ばたいているようにみえますが、優雅じゃないです。あれは運動です。
飛ぶというのは運動です。

しかも大空、留まるとこもなく、疲れたって立ち止まることは許されず、羽が筋肉痛になろうとも風の抵抗を受け続けなければならないのです。

前に、強風の中反対方向に進もうと必死で羽ばたきながらもわずかに後退している姿を見たことがあります。
海で遭難したとき、カモメはいい飯にはならないとも聞いたこともあります。遭難して捕まえることのできるカモメは、そいつも大海でさまよって疲れ果てて留まるとこを求めて遭難船に止まるので、痩せきって肉がないって・・・。あくまで聞いた話ですが。

大空を見上げて、壮大な宇宙を感じて、その中を縦横無尽に飛びまわれる鳥をみて、自分には手に入れられないほどの自由をそこに感じることもありますが、地上も、空も、どこも同じ、同じだけの自由と、同じだけ制約と、みんな同じ、同じ重力のなかで生きている地球上の生物。

というか、部屋でごろごろしている私なんかより、やつらの方がずっと働き者でせわしないです。

今日もまた、空高く飛ぶ鳥だちをみて「よくやるな~」と思うのでした。

コメントは受け付けていません。